読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散財と執着心

ああ、青春が止まらない

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014 「Catcher In The Spy」

 @大阪 オリックス劇場

ついに大阪…!8列目…!どきどき。かなり上手寄りでサイドステージ近かったので田淵来たらどうしよう笑えるwwwwとか言ってた私とやっちゃん。まさか実現するとは(後述)
今日はこの4回で一番よかったと思う。一番全体見渡せながら近くで見られたから、ふとした時に3人が奏でてる音から姿から、この3人が作る空気から全てが好きやなあってぶわあああって涙止まらん場面がいっぱいあった。一言で言うと幸せでした。3階まで満杯のオリックス劇場に響く黄昏インザスパイ。これまでと響き方が違ってて鳥肌が立った。この曲は大きいところで聴きたくなる曲。セトリ分かってるはずなのに黄昏からのサイレンという流れには涙が出る。今日はほんとに斎藤さんのテンションが高くて、サイドステージまできてくれて、目の前に斎藤さん現れたことに奇声発して硬直してニヤニヤしてましたすみませんでした。間近すぎて硬直してたんやけど、正直な話、汗だくに青ひげの顔キツすぎて顔は直視出来へんかった。恥ずかしいとかそういうのではなく。斎藤さんのイメージ全部崩れる気がした。あとステージ降りてったのもびっくりだった。珍しく蒙昧と23:25でエフェクター踏み間違えたのめっちゃかわいかった。あとharmonizedの間奏の歌詞、間違かけてた気がする。今日は斎藤さんの足元丸見えでエフェクター踏み踏みする瞬間とか内股になる瞬間とかステップ踏む瞬間見れてまあ幸せでずっとにやけてた。キモかったと思う。普段しないようなことしてくれて、いつもしないようなミス連発して、いつもよりちぐはぐなライブやったけど、熱さ全面的に押し出して荒々しい人間味のあるライブしてくれてたなあ。そういうのほんとに嬉しくて、幸せな空間やった。crazy birthday、今日は斎藤さんマイク間に合ってて悔しかった。間に合ってたというか田淵のマイク奪ってただけですけど。間に合わん姿見るのが地味な楽しみやったのに学習したんやろなあと母親気分でした。シャンデリア・ワルツのイントロをノリノリでお立ち台で弾いてたら歌い出しに間に合わんくらいまでノリノリで弾いてしまってうわやべえみたいな顔でマイクまで小走りで戻っていってクッソかわいかった。死ぬかと思った。あとシャンデリア・ワルツ前から好きやったけど、今回改めてめっちゃ好きになった。to the CIDER ROADも。今日は斎藤さんの笑顔が多かったように見えた。貴雄もテンション高かった気がする。テンション貴雄。ドラム消えてた箇所いくつかあったけど。笑 田淵はいつも通りに見えたけど、いつもよりちょっとだけテンション高かったようにも見えた。サンバ踊ったり、落ち着いて歩き回りながらベース弾いてたり、相変わらずメカルトの田淵はかわいい。EGOISTで止まるところの田淵の止まり方コレクションしてるけど、今日が一番難易度高かった気がする。斎藤さん楽な格好しすぎ(笑)やっちゃんとずっと「斎藤さんセコイwwwwww」って笑ってた。笑 田淵が歩き回りながら弾いてたの何だったかなあ、かわいかった。末期だと思うけど。コーラスも仰け反りながら入れてたしなあ。今日は1回上手側来てくれて、上手側端っこまで見てくれたよ多分。カラクリ2番かどこかのおふざけベース好き。思い出したけど、斎藤さんが「すごい景色」って何回も言ってて、最後の方にホール全体を見渡しながら嬉しそうな笑顔浮かべてたのがとても印象深かった。それ見てまた泣いてた。ユニゾンは良くも悪くも感情をあんまり出さないバンドだなあって思ってるからむっちゃ嬉しかった。改めて改めて改めてCITSは素敵なアルバムだと思いました。そして改めて改めて改めてUNISON SQUARE GARDENは素晴らしいバンドだと思いました。かっこよかったとか最高とかでそんな言葉で言い表せないくらい。3人が楽しそうな姿を見せるしか能がないバンドだと言ってたけど、それで十分やと思う。楽しませようとか盛り上げようとかしてないのに自然と笑顔が溢れて身体が動き出してしまうようなライブが出来るって素敵なこと。そりゃ距離置いてしまう人もいるんやろうけど、それはそれやろうなあ。客席放っていってしまうくらいの熱量でライブしてほしいと常々思ってる。新木場も楽しみだなあ。ホールもよかったけど、大きなライブハウスで見たい気持ちもあるので期待してます。

MC & 小ネタ集
・斎藤「さっきタオルで汗拭いてたらタオルがめっちゃ臭くて、これ絶対田淵のだなと思って名前見たら自分ので信じられなかった。ちゃんと洗濯したのに…あれだねツアー回る毎に染み付いてるんだね、歴史と一緒だね。タオルが臭くなったなあツアーも終盤だなあって思うね。」
・斎藤「今日は新大阪からタクシーで会場に来たんだけど、会場着いてちょっとしたら田淵がマネージャーに怒られてて、何だと思って話聞いてみたらさあ、田淵がタクシーの運転手さんにご苦労様って言ったみたいで。日本語って難しいよね、ご苦労様って目上の人には使っちゃダメなんだって。 で、何でご苦労様って言ったの?って田淵に聞いてみたら、この業界で使い古されてるおはようございますとお疲れ様ですをもう死んでも使いたくないらしくて。一般的に使われてる言葉って使いたくないってことだったみたいなんだけど、俺もそういうところあるなあって。」そして「今日はちょっと一般的なMCをしてみたいなあと思って……」と言って始まる一般的なMCが以下。
オリックス劇場、盛り上がってるか!?」
「3かうぃー!俺が3かうぃーって言ったらいぇーいって言ってね!3かうぃー!2かうぃー!1かうぃー!」
「こっちからこっちセレッソ大阪!こっちからこっち阪神タイガースセレッソ!いえーい!阪神!いえーい!阪神の勝ち!君達が戦ってたら優勝できたかもね!」
・MC始まる前に貴雄が同期のシャーンみたいな音鳴らしてしまう→斎藤「何?今の?メリークリスマス…?」
・田淵のご苦労様の件に入る前、今度は田淵が間違えてベース鳴らしてしまう→斎藤「えっ何?……田淵、タオル臭いって言ってごめんね」→田淵、ジェスチャーでリアクション
・今日も今日とてコーラス間に合わない田淵。
・今日も今日とて照明の機材をドラムソロで叩く貴雄。

おしまい。